遺産分割が終了した後に遺言書を発見したら

遺産分割協議後に見つかった遺言のとおりに相続をするのかは相続人間で話し合いが必要です。

遺産分割協議を行い、協議がまとまった後に遺言が見つかるというケースが
意外にあるようです。

“遺産分割が終了した後に遺言書を発見したら”の詳細は »

遺言書にもできないことがあります

被相続人の思いが残されている遺言ですが、法的には実現でいないこともあります。

遺言後は被相続人の最終の意思を表しており、死後に実現を図るためのものです。
形式的なルールはあるのですが、どのようなことでも書くことできます。
“遺言書にもできないことがあります”の詳細は »

被相続人の住所を証明する書類

不動産の相続登記には被相続人の登記簿上の住所と最後の住所が一致するという証明の書類が必要です。

不動産の相続登記の手続きには、被相続人が亡くなった時の住所
が登記簿上に登録されている住所を一致させる必要があります。
このように住所と氏名で登記名義人を特定するのです。同姓同名
の人もいますので住所の一致はことの他重要なのです。

“被相続人の住所を証明する書類”の詳細は »

ペットが遺産相続をすることはできるのでしょうか

万が一のことがあった時にペットを守るためには事前の合意が大切です。

日本では高齢化や核家族化にともない、ペットを飼う人が増加を続けています。
そんな中、かけがえのない家族であるペットにも遺産相続をしたい!!という
希望も増えてきているそうです。。。
それって可能なのでしょうか?

“ペットが遺産相続をすることはできるのでしょうか”の詳細は »

贈与についてのお話

相続の贈与税の計算例 (課税価格-基礎控除額110万円)×税率-控除額=贈与税額

贈与税の計算例
(課税価格-基礎控除額110万円)×税率-控除額=贈与税額

長年連れ添った夫婦間で、一定の条件を満たした場合に、贈与税の配偶者特別控除が受けられます。
“贈与についてのお話”の詳細は »

相続における「失踪宣告」とは

相続で失踪宣告とは、法律上死亡したものとみなし、財産を処分できるようになる手続です。

相続人が長期の一定期間生死不明の場合に、家庭裁判所に失踪宣告の審判を申立て、審判で認容されたときに死亡したものとみなして、財産関係や身分関係につき死亡の効果を発生せる制度のことを失踪宣告(しっそうせんこく)とよぶのです。
“相続における「失踪宣告」とは”の詳細は »

相続における不在者財産管理人選任の申し立て

財産管理人がいない場合に,家庭裁判所は,申立てにより,不在者自身や不在者の財産について利害関係を有する第三者の利益を保護するため,財産管理人選任等の処分を行うことができます。

法定相続分に応ずる取得金額 税率 控除額
10,000千円以下   10% -
“相続における不在者財産管理人選任の申し立て”の詳細は »

相続の遺言できる年齢と民法

相続の遺言はいくつからでもできるわけではありません。

民法では遺言をすることができる年齢を15歳からと定めています。15歳以上は何の能力の決まりもなく遺言をすることができます。遺言を作成する精神能力が備わっている年齢をみればいいのです。遺言のできる場合の民法の行為も決まっています。


“相続の遺言できる年齢と民法”の詳細は »